月経前症候群を病院で治療する問題点 ピルの副作用が原因でPMSサプリに切り替えるケース

PMSサプリの種類は年々増え、専用コーナーを設けているドラッグストアも少なくありません。
月経前症候群はれっきとした病気なのだから、辛い症状に悩んでいるのならサプリメントを飲むよりも病院で治療した方が良いのではないか・・・と考える方もいらっしゃるかも知れません。ただ、実は医療機関で行われる治療法も完全無欠ではありません。


例えば、婦人科で処方される代表的なお薬、ピルも副作用が激しい薬剤です。
一番辛い症状は収まったものの、新たな症状に襲われるようになり、結局しんどくなってPMSサプリに切り替えるケースは珍しくありません。

元々月経関連のトラブルを緩和する作用も、避妊目的で処方されるピルのプラスに働く副作用としてもたらされるものでした。その為現在、ホルモンのバランスを整える為にピルによる治療が提案されることがありますが、妊娠直後に似た症状が高確率で引き起こされます。

すなわち、妊娠していないにも関わらず、吐き気やむくみ、頭痛や乳房の痛み・・・といった症状が現れるわけです。大半の場合、こういった症状に見舞われるのはピルの服用をスタートしてすぐの時期で、次第に落ち着くとは言われています。

けれど1ヶ月以上経っても一向に改善しないケースもありますし、ピルの種類によって相性も違うので自分に合った種類が見つかるまで割と長い期間バリエーション豊かな副作用に耐えなくてはならないことも。
まずはPMSサプリから試してみて、それでもダメなら病院を頼った方が無難かも知れません。

すっぽんもろみ酢で、痩せました

月経前症候群を病院で治療する問題点 ピルを服用できない条件

PMSサプリで月経前症候群に立ち向かうことを決めたのは、病院で処方されるピルの副作用があまりにもきつかったから・・・という女性が少なくありません。
例えば、腹痛に耐えかねてピルを処方して貰ってお腹の痛みが緩和されても、新たに吐き気やめまいのような副作用症状に見舞われるようになったら、治療を続ける意味を見い出せなくなる気持ちも分かりますよね。

しかも、相性の合うピルの種類を見つけ出すまでには時間がかかりますし、そもそもピルは保険適用外なので月に最低3,000円前後はピル代を支払うことになります。それなら、再診療もかからず副作用問題もほとんど心配ないPMSサプリを選びたくなってしまうのではないでしょうか。

http://www.e-govfair.jp/

しかも、合うピルを探すまでには諸々の検査を受け、問診、内診を繰り返す必要があり、受診して即座にベストなピルを処方されるとは限りません。初期段階の検査費用だけでもかなりの額にのぼります。

そもそも、ピルは希望すれば誰でも服用できる薬剤ではありません。血が固まりやすくなってしまう変化が起こる為、血栓症リスクを伴う患者さんには不向きで、乳がんなどを発病した過去がある方の服用も制限されます。

出産をきっかけに月経前症候群を発症するケースも増えていますが、産後は血栓症リスクが上昇する時期なのでやはりピルによる治療は難しいと言わざるを得ません。授乳中も母乳が分泌されにくくなる為、ピルを用いた治療を行うことはできません。

その他、血圧が病的に高い方、1日にタバコを15本以上吸う35歳以上の女性、偏頭痛などの持病をお持ちの方も、服用できない条件に該当しますのでPMSサプリなどピル以外の方法でアプローチするしかありません。

福岡の税理士は、格安です

月経前症候群を病院で治療する問題点 睡眠薬と睡眠導入剤の違いと副作用

眠れない、という月経前症候群の辛い症状に耐えているなら、医療機関で睡眠薬や睡眠導入剤を処方して貰うことも検討しなければなりません。

メラトニンやギャバなど穏やかに眠りに誘う成分を配合したPMSサプリもありますが、日中ふらふらしてしまう程重症化、慢性化している場合専門ドクターに相談しておいた方が安心かもしれません。

ただし、睡眠薬にしても導入剤にしても副作用と無縁ではありません。
80年代にはイギリスで過去最大規模の集団訴訟トラブルが巻き起こったぐらい、依存性の問題を伴っています。


睡眠薬と導入剤の違いが気になっている方も多いと思いますが、睡眠薬は多岐に渡る場面で眠らせることができるオールマイティーな働き、導入剤は入眠作用に特化した働きがあります。

眠れないのは神経が興奮状態にある為、薬の力によって強引に身体機能をストップさせてしまいます。その為消化器系が働かなくなり食欲を失う症状、腹痛、下痢、嘔吐などの副作用に見舞われることがありますし、味が分からなくなる・・・なんて副作用も。

飲んだ当日はもちろん、次の日にも不快症状が残ることもありますし、眠れたのに心身が快適ではない状態が続くこともあります。

強制的に神経を押さえ込むことで、薬の成分が切れた途端食い止めていた感情が止めなく流れ出し一気に気持ちが爆発する可能性もあります。感情を意識的に麻痺させることでポジティブな気持ちも奪われ生きている価値を見いだせなくなることも。

いずれにしてもPMSサプリとは異なり依存性が強いので服用量は次第に増え、手放せなくなる点も問題です。
即座に効かなくても、強く効かなくても、PMSサプリの方が安心して頼ることができますよね。

永久脱毛のおすすめは、病院です